グアムブログ新聞

グアム新聞元編集長の個人的気まぐれブログ。愛するグアムのお話(旅行、天気、観光&ローカル情報他)、懐かしい想い出やエピソード、50代の生き方などを徒然なるままに書いていきます。

グアム旅行再開にも影響か 米国内でのアジア系へのヘイトクライム過激化

グアムの主要産業は観光およびその関連産業、コロナ禍の現状が望ましいわけはありません。しかし実際には日本や韓国などの主要マーケットからの旅行の再開は、かなり先になると多くの人が感じています。

f:id:guam-blog:20201215102651j:plain

 

最近は米国内でのアジア系住民へのヘイトクライムが急速に増えて過激化しているというニュースを見ます。私はこのことも海外旅行再開に大きなマイナス材料になるのでは、と考えます。

 

米国内では日本の寺院も攻撃され、破壊されています。新型コロナウイルスが中国で発生したにも関わらず、中国政府やWHOが初期の隠蔽疑惑など初動に失敗、アジア系住民が憎しみの対象になっているのでしょう。

 

多くの米国民にとっては中国も日本も韓国も見分けがつかず、同じ、あるいは似たようなものと感じているはずです。

 

米国内では以前から、そして最近も白人による黒人の人種差別が大きな問題になっています。しかし米国内に長く住んで知人に言わせると、その黒人も中東やアジア系の人を差別しているそうです。そのアジア人だって、差別や分断があります。

 

f:id:guam-blog:20200909211213j:plain

 

以前日本のプロ野球でプレーしたキューバ人が、メジャーリーグでダルビッシュ投手と対戦した時に、アジア人を軽蔑するようなポーズをしたことがテレビにも映し出されニュースになりました。根底にある考えなので、無意識にやってしまうのでしょう。

 

人種差別はアメリカよりもヨーロッパの方が意識が強いと言います。コロナ禍が収束しても、以前のように気軽に海外旅行に行けるようにはならないかもしれません。

 

もちろんグアムは「人種のメルティングポット」と言われるくらい、多くの人種が仲良く暮らす平和な島です。このような人種差別はかなり少ないでしょう。しかし海外旅行全体のマーケットが復活しなければ、グアムだけの復活は考えにくいです。

 

そう考えると、私たちが以前のようにグアムに行けるようになるには、まだ相当時間がかかるのでは、と思います。

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村