グアムブログ新聞

グアム新聞元編集長の個人的気まぐれブログ。愛するグアムのお話(旅行、天気、観光&ローカル情報他)、懐かしい想い出やエピソード、50代の生き方などを徒然なるままに書いていきます。

さよならメイド・イン・グアムのクラフトビールMINAGOF(ミナゴフ) 10周年の「ファイナルセール」開催

日本人醸造家の石井敏之さんが作ったメイド・イン・グアムのクラフトビールMINAGOF(ミナゴフ)。

 

f:id:guam-blog:20200904233457j:plain

エール・ビールに必要なミネラルを豊富に含んだグアムの硬水を丁 寧にろ過し、柑橘類の香りが特徴的なアメリカ産ホップと、醸造家 の長年の経験で厳選したアメリカ産モルトだけで創られた逸品。「このビールを飲みにグアムに行く!」というツーリストもいるほど、島内外の多くのファンに支持されてきました。今年で会社創立10周年、また9月8日には醸造10周年を迎えます。

f:id:guam-blog:20200904233557j:plain


しかし、残念ながら石井さんご夫妻はミナゴフビールとともに、グアムを離れることになりました。醸造所とオフィスのある建物が老朽化による閉鎖のため、以前より移転の準備を進めてきましたが、コロナ禍において観光の島から観光客がいなくなってしまい、状況が一転しました。


それでも石井さんは10周年を前に「簡単には諦めきれない」と生き残りを模索しましたが、やはり移転先の工事及び設備移動等への投資、各種ライセンスの再取得の手間、そして何より観光産業の復活が当分見込めないという現状を鑑みると、仮に移転出来ても以前の様にビジネスを成り立たせるのは非常に困難と判断せざるを得なかったそうです。

f:id:guam-blog:20200904233621j:plain


石井さんはミナゴフビールを始めるにあたり、何度もグアム新聞の当時の社長、リオさん(故LEO 岡村氏)のもとに相談に訪れていました。リオさんも石井さんの考えやビジネスプランを「素晴らしい、面白い!」と期待していました。私たちグアム新聞の社員にとっても、ミナゴフビールはとても思い出深い商品です。

 

「10年やったのにもったいない」という声もありますが、グアムの特殊な難しいビジネス環境の中で、素晴らしい功績を残したと思います。そして石井さんご夫妻のビール作りとその情熱には続きがあります。またぜひ日本、あるいは世界のどこかで、素晴らしいクラフトビールを作って欲しいと思います。

 

グアム在住者に向けたセールを9月5日から12日まで開催!

f:id:guam-blog:20200904233929j:plain


石井さんはセール開催にあたりFacebookで以下のようなメッセージを残しています。

 

「どうぞグアムでの最後のMINAGOFをお楽しみください。

一刻も早くこのコロナ禍が収束して、近い将来、どこかでまたMINAGOFビールを復活させられる日が来ることを願って。」

 

 

グアム在住の皆さん、ぜひ最後のミナゴフビールを楽しんでください!

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村