グアムブログ新聞

グアム新聞元編集長の個人的気まぐれブログ。愛するグアムのお話(旅行、天気、観光&ローカル情報他)、懐かしい想い出やエピソード、50代の生き方などを徒然なるままに書いていきます。

グアム政府観光局 2021会計年度の観光客数の大幅減を予測

グアムの地元メディアが観光関連の記事を掲載していますので、その一部を抜粋して簡単に紹介します。

 

それによるとグアム政府観光局は観光の再開に向けて進めていくものの、2021会計年度(2020年10月1日から2021年9月30日)の観光客数は25~30万人と予測しています。 

f:id:guam-blog:20200724203108j:plain


 

この数字は2019会計年度(2020年10月1日から2021年9月30日)の160万人と比較して、大幅な減少であることは一目瞭然です。

 

グアム政府は、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いている韓国と台湾はリスクの低い国と見ています。これらの国からの旅行者は金曜日から、滞在期間が5日未満である限り検疫を受ける必要も、COVID-19テストが陰性である必要もありません。グアム国際空港では、到着した乗客のテストは行いません。

 

その一方でグアムの主要な観光市場の1つである日本については、5月に緊急事態を解除した後、感染者は増えて依然厳しい状況にあると判断されています。

 

厳しいですね・・・

 

 

 

新型コロナウイルスは言うまでもなくグアムの経済に大きな損失をもたらしています。グアム政府観光局のゲリー・ペレス副局長によると、グアム大学が調査した85のグアム政府観光局会員のうち、82%が収入を失い、61%の企業が現在従業員に給料を支払えていないそうです。観光客がいなければ観光業は成り立ちませんから、当然と言えば当然です。

 

日本は連休の「GO TOキャンペーン」でさらに拡大が増えそうな感じです。都道府県単位での押さえ込みは限界に来ていますが、日本政府は相変わらず国民の方を向いていません・・・グアムが日本からの観光客を迎えるのは、まだまだ先になりそうですね。

 

記事の原文はこちら(英語 パシフィックデイリーニュースより)

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村