グアムブログ新聞

グアム新聞元編集長の個人的気まぐれブログ。愛するグアムのお話(旅行、天気、観光&ローカル情報他)、懐かしい想い出やエピソード、50代の生き方などを徒然なるままに書いていきます。

初めてでも大丈夫! グアム旅行でナイトマーケットの行き方&楽しみ方

今日は水曜日、グアムで水曜日といえばチャモロビレッジのナイトマーケット(夜市)です!グアムはリピーターも多いので、既に何度も行ったという人もいますが、海外旅行デビューという人も多いと思います。今回はそんな人でも、グアムのナイトマーケットを安心して楽しめる方法をご紹介します。

 

水曜日の夜に行われるチャモロビレッジの「ウェンズデーナイトマーケット」に行こう!

 

グアムで「ナイトマーケット」といえば、毎週水曜日の夜にハガニヤのチャモロビレッジで行われるウェンズデーナイトです。ローカルも米軍関係者も、そしてツーリストも一緒に楽しめる、ローカル色豊かなお祭りです。

f:id:guam-blog:20200120100353j:plain

f:id:guam-blog:20200120100455j:plain


会場のチャモロビレッジはグアムの首都、ハガニヤにあります。みなさんがタモンのホテルにお泊まりだとしたら、車で15~20分程度、タムニングのホテルにお泊まりなら車で10分程度の距離にあります。

 

歩いてはいけない距離ですから、交通手段を確保する必要があります。

 

チャモロビレッジまでの行き方

 

1.ナイトマーケット行きのシャトルバスを利用する

2.ナイトマーケットに行くツアーに参加する

3.タクシーを利用する

4.レンタカーを利用する

 

1.ナイトマーケット行きのシャトルバスを利用する

 

シャトルバスを利用する人が一番多いと思います。私も個人的にオススメです。

その理由は 1.安い 2.本数が多い 3.比較的わかりやすい という理由です。

しかし各ホテルやバス停でお客さんを乗せるので、時間がかかります。また、チャモロビレッジから乗る帰りの便は、乗り間違いのないよう注意が必要です。

 

f:id:guam-blog:20200120100520j:plain

シャトルバスの往復チケット(2020年1月現在)

2.ナイトマーケットに行くツアーに参加する

 

食事もついたツアーになっていて、海外旅行に慣れていない人や年配の旅行者をお連れの人には、一番安心な方法です。ただ、チャモロビレッジでローカル色豊かな飲食の販売がありますので、「地元の人と同じように、飲食を同じ空気で楽しみたい」という人は現地で食べることをお勧めしたいです。

 

3.タクシーを利用する

 

タクシーは日本でもそうですが、残念ながら当たり外れがあるように思います。すごく親切でいいドライバーもいますが、そうでない場合もあります。利用する場合は帰りの足の確保=時間を約束しなくてはなりませんから、必ず信頼できるドライバーを選ぶことが大切です。携帯電話で連絡が取れるように、必ず番号を確認しておきましょう。ホテルに常時配車されているタクシー、あるいは手配してもらうのがいいかもしれません。水曜日の夜はタクシーも混み合いますので、その際は早めにホテルスタッフに相談しましょう。

 

4.レンタカーを利用する

 

運転に自信があれば、レンタカーが一番いいかもしれません。ただ、会場に近い駐車場はすぐにいっぱいになってしまうため、早めに到着するようにしたほうがいいです。タモン・タムニングからハガニヤ方向に進むとチャモロビレッジは右手にあります。ただ、チャモロビレッジ側の駐車場はすぐにいっぱいになってしまうため、多くの人は道路の反対側、グアムミュージアムやアガニア大聖堂の付近に駐車します。他の車をブロックしていないか、駐禁の看板はないか、位置や消火栓などに注意しながら、周りの車の様子を見て「ここならOKだろう」というところで路上駐車します。この付近は、グアムには珍しく一方通行もありますので注意が必要です。

 

どんなお店が出ているの?

 

バーベキューやチャモロフード、スムージーやジュースなど飲食販売の屋台があり、料金はリーズナブルです。ただ、人気店は長蛇の列ができることも。日本語は通じませんが、わかりやすい英語で話してくれますので心配はいりません。

f:id:guam-blog:20200120100901j:plain

f:id:guam-blog:20200120100926j:plain

f:id:guam-blog:20200120100954j:plain

f:id:guam-blog:20200120101036j:plain


また、地元アーチストの工芸品、アクセサリーやお土産などを販売するお店もあります。グアムオリジナルの商品もあります。

 

また、最近は何を売っているのかよくわからない、「フュージョン系」のお店もあったりします。会場全体はそんなに広くないですから、ぜひ一通り見て回ってぜひ掘り出し物を見つけてください。値段の交渉もそこそこできますが、あまりしつこいのはNGかも。

 

f:id:guam-blog:20200120101115j:plain

なお、グアムでは公共の場でのアルコール飲料は禁止ですので、ビールなどを販売しているのは、チャモロビレッジ内では常設のレストランのみです。グアムの人たちはバーベキューとビールが大好きですが、このウェンズデーナイトでもお店に入らないと飲めませんので、ご注意ください。大人もアルコールが入っていないので、トラブルもなく、家族みんなで楽しめる雰囲気があるのだと思います。ビールはタモンに戻ってから飲んでもいいですね!

 

エンターテイメント

 

さて、センターコートから賑やかに音楽がかかってきたら、ローカルの年配者が踊り出します。誘われたらぜひ一緒に踊ってください。グアムでダンスといえば「チャチャチャ」です。「ワンツーチャチャチャ、スリーフォーチャチャチャ」と簡単なステップです。恥ずかしがらずにぜひ旅の思い出に!

 

f:id:guam-blog:20200120101145j:plain

だんだん人が増えてホールは人で溢れます。恥ずかしがらずにチャチャチャに挑戦しよう!

また、離れた小さなステージでも地元の少年少女ダンスグループがチャモロ、ハワイアン、ポリネシアンなどのアイランドダンスを披露しています。

f:id:guam-blog:20200120105654j:plain



 

最後に注意事項です。

 

帰りのバスの時間に注意してください。タクシードライバーと約束した人は、時間を守ってください。会場付近に流しのタクシーはありません。お祭りが終われば、周辺は車の通りはありますが、真っ暗のエリアです。取り残されぬよう十分注意してください。

 

f:id:guam-blog:20200120110824j:plain

それから、これはグアム旅行全般に言えることですが、若い女性の人は声をかけられてもついていかないようにしてください。楽しい夜に甘い言葉で口説かれても、その気になってはいけません。運命の出会いと決めるのは、その人のことをちゃんと理解してからにしましょう。

f:id:guam-blog:20200120110840j:plain



グアムは日本と比べても、それほど治安が悪いわけではありません。人も親切ですし、心も緩みがちです。ただ、日本でも海外でも、自分の身は自分で守る意識を常に持っていないと、犯罪に巻き込まれる可能性は一気に高まります。

 

それから、マンギラオ などの一部の地域でも「ナイトマーケット」をやっているところがあります。こちらも楽しいのですが、完全に地元の人たちによる地元の人たちのための夜市です。曜日も違いますから大丈夫だと思いますが、念のためタクシーなどを利用するときは「チャモロビレッジのナイトマーケット」と伝えてください。

 

それだけ注意していただければ、ナイトマーケットは安心して楽しめると思います。Have a nice trip!

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村